« 残暑。 | Main | 人生いろいろ。 »

September 04, 2016

最近読んだ本 (2016 年 8 月)

覚書。

ベスト・エッセイ 2014

書名のとおり、2014年に発表されたエッセイの選りすぐり。
新しい出会いがあって読書の幅が広がれば…と思ったけど、
これといってピンとくるものなし。

マリコ、炎上
林真理子著。

息抜き用。

女官 明治宮中出仕の記
山川三千子著。

新聞の下段でよく広告を見かけて気になった 1 冊。
未知の世界、結構面白かった。

蘇我氏 ― 古代豪族の興亡
倉本一宏著。

蘇我氏って完全に滅んだように思っていたけど、実は細々と
続いていたんだねえ。
読んではみたものの、私にはちょっと難しめだった。

一流患者と三流患者
上野直人著

病院の待ち時間に読んでしまった (笑)
医者にはどんどん疑問をぶつけ、意見しよう、ということか。
疑問をぶつけるのは簡単だけど、意見するのは患者側に
それなりの知識がないと無理だよね。

英国一家、インドで危機一髪
マイケル・ブース著。

いつもの、食に関する話かと思ったら。
それは少しで、後半はほとんどヨガの話。ヨガは興味ないのよ。

彼女の家出
平松洋子著。

著者の文章には、いつも心が豊かな気分になる。

ねこはすごい
山根明弘著。

言われなくてもすごいと思ってたけど。
読んでみたら改めてすごいな、と。

アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。
稲垣えみ子著。

初めて新聞でコラムを見たとき、朝日新聞という一流企業に
アフロヘアの、しかも女性の記者がいるなんて!と驚いたのは
今でも忘れない。
そしてその文章の面白さが、私にピッタリだった。
新聞でもう読めなくなっちゃうのか…と残念に思っていたら、
本が出ていた。また読めてうれしい。

鳩笛草 燔祭 / 朽ちてゆくまで
宮部みゆき著。

初めての宮部みゆき。
超能力を持つ女性が主人公の 3 つの物語。
筒井康隆の七瀬三部作を思い出した。

|

« 残暑。 | Main | 人生いろいろ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/64154612

Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ本 (2016 年 8 月):

« 残暑。 | Main | 人生いろいろ。 »