« 納豆のおかげ? | Main | 不二家の瀬戸内大長レモンケーキ。 »

March 08, 2017

最近読んだ本 (2017 年 2 月)

覚書。

海と毒薬
遠藤周作著。

ずっと前から気にはなっていた本。
戦争末期、九州で実際にあった米軍捕虜の生体解剖事件を
基にした小説。
肝臓を食べるって…ありえないんだけど…

気付くのが遅すぎて、
酒井順子著。

息抜き用のエッセイ。

宣教師ザビエルと被差別民
沖浦和光著。

沈黙」を読んだ頃にタイミングよく新聞の書評に載った。
当時、社会から見捨てられていたハンセン病患者のために
施設を作るなど、社会的弱者を救うための活動をしていた
イエズス会。
なぜそこまでして日本での布教活動をしていたのか、今まで
謎だったけど、何となくわかった気がした。

珍妙な峠
町田 康著。

パンの話あたりまでは、わりと普通だなーと思っていたら。
ホームベーカリーで人を殺しちゃってから町田康ワールド。

なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか
阿古真理著。

フランスパンだけでなく、パンの歴史がよくわかる本。
なかなか面白い本だった。

コッペパンの本
木村衣有子著。

いろんなお店のコッペパンが紹介されている。
盛岡の福田パン、食べてみたいなー。
でも永遠に食べることはないだろうなー (笑)。
これを読むと、コッペパンが食べたくなること必至。

|
|

« 納豆のおかげ? | Main | 不二家の瀬戸内大長レモンケーキ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/64989008

Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ本 (2017 年 2 月):

« 納豆のおかげ? | Main | 不二家の瀬戸内大長レモンケーキ。 »