« スプランディードのレモンケーキ。 | Main | ベルマン洋菓子店のレモンケーキ。 »

December 04, 2018

最近読んだ本 (2018年11月)

覚書。

肉まんを新大阪で
野蛮な読書
平松洋子著。

「肉まんを新大阪で」って、もうタイトルからして美味しそう。
野蛮な…は次に読む本のヒントになるかと思ったけど、
残念ながらピンとくるものなし。

・ 餓鬼道巡行
町田 康著。

これは再読。

百年の女 「婦人公論」が見た大正、昭和、平成
酒井順子著。

軽い読み物かと思ったら、かなり本格的だった。
わずか100年で、ずいぶん変わったんだなー。
100年後はどうなっているだろうか?

トマト缶の黒い真実
ジャン=バティスト・マレ著。

トマトに限らず、安い缶詰の中身はどれも中国産だろうな。
しかし、添加物や着色料をトマトより多く入れて
トマトペーストが作られている事実には驚いた。
安心したかったら国産のを買うしかないね。

|
|

« スプランディードのレモンケーキ。 | Main | ベルマン洋菓子店のレモンケーキ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Edwardの件でコメントありがとうございます。私自身、現実に向き合えていないからあの子を獣医に連れていけないのではないかと自問自答していました。chibiayaさんから自然に任せれば、との意見をいただき、救われました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

Posted by: edybody | December 04, 2018 at 21:56

> edybodyさん
年齢によるものだとすれば、病院に連れていっても
どうなるわけでもないだろうし、それならストレスを
かけない方がずっといいと思うんですよね。
抵抗する体力もなかったら悲しいですが。
ちゅーるのような、ペースト状のものは食べませんか?

Posted by: chibiaya | December 05, 2018 at 22:39

療養食のドライはもう一切食べなくなりました。膀胱炎や便秘の心配はありますが療養食はあきらめて、鶏のササミを茹でてあげています。身はあまり食べませんが茹で汁を好むようです。チュールって有るんですね。早速あげてみます。

Posted by: edybody | December 06, 2018 at 09:06

> edybodyさん
とにかく今は何でもいいから食べてほしいですもんね。
ペースト状の介護食も種類が多いし、Edwardちゃんが
食べてくれるものが見つかるといいですが。

Posted by: chibiaya | December 06, 2018 at 21:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69228/67450230

Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ本 (2018年11月):

« スプランディードのレモンケーキ。 | Main | ベルマン洋菓子店のレモンケーキ。 »