« ニシキヤ洋菓子店のシトロンレザン。 | Main | 頑張った 1 週間。 »

January 10, 2019

最近読んだ本 (2018年12月)

覚書。

新薬の狩人たち 成功率0.1%の探求
ドナルド R キルシュ、オギ・オーガス共著。

意外と読みやすく、素人でも理解できる内容だった。
自分の病気に対して、効く薬があってよかったと思う
今日この頃。

・ くっすん大黒
生の肯定
町田 康著。

くっすん大黒は再読。
生の…は途中からついていけなくなった。
「ムーンライトながら」から、ここまで話が広がるとはね…

ほんのきもち
いしいしんじ、平松洋子など。

贈りものにまつわるエッセイ。

82年生まれ、キム・ジヨン
チョ・ナムジュ著。

韓国では100万部突破のベストセラー。
韓国人の書いた小説は初めて読む。
ここまでひどくはないものの、日本も似たような感じだね。

|

« ニシキヤ洋菓子店のシトロンレザン。 | Main | 頑張った 1 週間。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最近読んだ本 (2018年12月):

« ニシキヤ洋菓子店のシトロンレザン。 | Main | 頑張った 1 週間。 »