« 慣れるまでは大変だ。 | Main | 難しいなあ… »

September 02, 2019

最近読んだ本 (2019年 8 月)

覚書。

ニッポンの肉食
田中康弘著。

ヤングアダルトを対象とした新書ということで、読みやすい。
肉を食べるということについて考えるのにちょうどいい本。
でもあんまり内容が頭に残っていなかったりする…

味覚の冒険

食のエッセイかと思って借りたら、全然違った。
ちょっと気持ち悪いのもあって、読み飛ばそうかと思った (笑)

もの食う話

これも、ちょっと予想外の内容だった。
筒井康隆の「人喰人種」が「もの食う」ねえ…

|

« 慣れるまでは大変だ。 | Main | 難しいなあ… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

「ニッポンの肉食」,よく「仏教伝来とともに,肉食禁止令が出された」とされますが,実際は肉を食べる文化も続いていたようですね。
食に関係する,きわどい本が多そうで,私も興味を持ちました(笑)

Posted by: コウジ菌 | September 03, 2019 23:09

> コウジ菌さん
相当クセはあるようですが、タヌキが食べられるのは意外でした。
アンソロジーの2冊は、軽い気持ちで読むと驚きます。

Posted by: chibiaya | September 03, 2019 23:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 慣れるまでは大変だ。 | Main | 難しいなあ… »