March 04, 2021

最近読んだ本 (2021年 2 月)

覚書。

丸かじり劇場 メモリアルBOX
東海林さだお著。

ちょっと時間潰しに、って感じで読めるのがいい。

食パンをもっとおいしくする99の魔法
池田浩明著。

目新しい食べ方があるかな?と思って借りてみたけど、
これといって食べたいと思わせるものなし (-_-)

ジャズをかける店がどうも信用できないのだが…。
姫野カオルコ著。

面白い人だ、姫野カオルコって (^^)

恋の法廷式
北尾トロ著。

ニュースにならないような事件の、しかも色恋沙汰に
ターゲットを絞った裁判傍聴記。
世の中、いろんな思考回路の人がいるんだね…

| | Comments (0)

February 03, 2021

最近読んだ本 (2021年 1 月)

覚書。

パンソロジー
池田浩明著。

著者のパンのエッセイだと思って借りてしまった。
「古今東西のパンの名作をあつめた」本なのだった。

神の手
善医の罪
久坂部羊著。

どっちも安楽死・尊厳死がテーマ。
善医…の方はモデルとなる事件があるのを後から知る。
個人的には賛成派。法制化するのは難しそうだね...

何が「いただく」ぢゃ!
姫野カオルコ著。

ちょこっと、つまみ」で面白かったから読んでみる。
毒突く感じが面白い。

ひとりメシ超入門
ひとりメシの極意
東海林さだお著。

丸かじりシリーズの選り抜き。息抜きにピッタリ。

| | Comments (2)

January 02, 2021

最近読んだ本 (2020年12月)

覚書。

野食ハンターの七転八倒日記
茸本 朗著。

ゲテモノばかりかと思ったけど、意外とまとも。
でもクリオネを食べちゃうなんて…!

アンソロジー おやつ

いろんな著名人のおやつにまつわるエッセイ集。
ところどころに挿入されている写真が良い。

捕まえて、食べる
玉置標本著。

先の野食ハンターに似たものがあるが、食材に
意外性はなかった。
本よりネットで読む方が面白いかなあ…

ちょこっと、つまみ

いろんな著名人のつまみにまつわるエッセイ集。
飲食店のメニューでよくある「女性に人気」は
「下戸に人気」と読み替えるといい、は目からウロコ。
(姫野カオルコの何が「いただく」ぢゃ!より)

あんこの本
姜 尚美著。

著者が京都在住ということで、紹介されるお菓子は
珍しく関西のものが中心。
御堀堂の外郎が出てきて、一気に食べたいモードに。
お取り寄せしようかな…

| | Comments (2)

December 06, 2020

最近読んだ本 (2020年11月)

覚書。

焼き餃子と名画座
肉とすっぽん
平松洋子著。

焼き餃子…はこの先も行くことがなさそうな店ばかり。
行った気分に。
肉と…は、もっと写真があったらよかったな。

廃用身
久坂部羊著。

実際こんな時代がやってくるのでは…と思ってしまう。
ちょっとコワイけど。

われは歌えどもやぶれかぶれ
おれたちを齧るな!
椎名 誠著。

息抜き用。
内容が若干かぶっているものもアリ。

| | Comments (0)

November 03, 2020

最近読んだ本 (2020年10月)

覚書。

怖い患者
嗤う名医
祝葬
老乱
オカシナ記念病院
老父よ、帰れ
カネと共に去りぬ
久坂部羊著。

一気に読み過ぎて、どれがどんな内容だったやら (^^;)
「老乱」はもしもの事態に備えて読んで損はない。

すき焼きを浅草で
平松洋子著。

食べ物エッセイはやっぱり楽しい。

ケーキの切れない非行少年たち
宮口幸治著。

タイトルにつられ、興味本位で読んでみた。
著者の考えたコグトレの売り込みか!感が否めない。

満腹どんぶりアンソロジー お~い、丼

いろんな著名人がつづった丼のエッセイ集。
天丼、カツ丼、親子丼…食べたくなること必至。

| | Comments (0)

October 04, 2020

最近読んだ本 (2020年 9 月)

覚書。

シウマイの丸かじり
東海林さだお著。

息抜き用。丸かじりシリーズ、久しぶりに読んだ。

3時のおやつ
平松洋子、内澤旬子など。

おやつにまつわるエッセイ集。
表紙のドーナツが美味しそうで、つい借りてしまった (^^;)

糾弾
生かさず殺さず
虚栄
久坂部羊著。

何を読んでも面白く、いったん読み始めたら止まらない。
老い、認知症、ガン…いろいろ考えてしまうんだな。
小説ながら、読んでおくと役に立つ気がする。

| | Comments (0)

September 03, 2020

最近読んだ本 (2020年 8 月)

覚書。
久々に結構読んだ。

片づけたい
暮らしの文藝シリーズ。

阿川佐和子、東海林さだおなど。
思ってたほど面白くなかったけど、ルンバを部下に見立てた
東海林さだおの話だけは面白かった。

介護士K
告知
反社会品
悪医
久坂部羊著。

「告知」と「反社会品」は短編集。
どれもこれも面白くてスルスル読めてしまった。
老いたら…治る見込みのないガンになったら…
いろいろ考えされられる。

| | Comments (0)

August 06, 2020

最近読んだ本 (2020年 7 月)

覚書。
先月は 1 冊だけ (-_-;)

医療幻想
久坂部羊著。

現役の医師が書いているだけに、妙に納得してしまう。
抗がん剤でがんは治らない。覚えておこう。

| | Comments (0)

July 15, 2020

最近読んだ本 (2020年 6 月)

覚書。
めっきり本を読む時間が減ってしまった。
というより、寝る前にベットで読んでると眠くなって
全然進まないんだな (>_<)

お金がない!
暮らしの文藝シリーズ。

平松洋子、高野秀行、酒井順子など。
お金にまつわるエッセイ集。文字ばかりの中にバカボンが!

かきバターを神田で
平松洋子著。

タイトルだけでも美味しそう。
食べ物の話なのに、相変わらず文章が美しい。

| | Comments (2)

May 07, 2020

最近読んだ本 (2020年 4 月)

4/9から図書館が休館になってしまい、読んだのは 1 冊だけ。
5/16に再開されるのだろうか。

覚書。

食品偽装の歴史
ビー・ウィルソン著。

色や味をよくするために、鉛とか銅とか入れちゃうって
今じゃ信じられないけど、今だってたいして変わらないか…
翻訳の問題か、やや読みづらい。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧