August 14, 2009

ワルキューレ

Valkyrieトム・クルーズ主演。

ヒトラーの暗殺計画があったなんて
全然知らなかった。
ナチス・ドイツのことは詳しく知らなくて、
だからイメージとしてヒトラーを支える
盤石の体制があって、ちょっとでも不穏な
行動をとればたちまち密告され逮捕され
処刑…つまり計画を企てることはもちろん、実行することなんて
不可能に近く、そんな勇気ある思想を持ち、行動をとった人が
いたなんて、「長いものには巻かれろ」タイプの私はビックリ (笑)

しかしやるなら、我が身を犠牲に、つまり特攻隊っていうか
自爆テロっていうの?それぐらいの覚悟で確実に仕留めなきゃ
ダメじゃん。
爆弾の入ったカバンを置いて逃げるって…
本気で殺したかったのか?と疑ってしまう。

顔と名前が最後まで覚えられずに苦労する映画だった。

ワルキューレのあらすじ

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

May 27, 2009

ワールド・オブ・ライズ

Bodyofliesレオナルド・ディカプリオ、
ラッセル・クロウ主演。

L. ディカプリオ、タイタニックの頃は
何だか生理的にすごく嫌いだったけど、
お互い?年を重ねたせいか、生理的
嫌悪感がまったくなくなった。

さて映画。
なかなかよかった。
しかし拷問シーンが痛い。ああいうのは苦手だわ。

ワールド・オブ・ライズの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

October 01, 2008

WILD HOGS 団塊ボーイズ

Wildhogsジョン・トラボルタ、ティム・アレン、
マーティン・ローレンス、
ウィリアム・H・メイシー主演。

思いっきりコメディ。
そして爆笑モノ。
と言いつつも、どんなに爆笑モノでも、
面白いと思えど私は大口開けて
笑うことはないけどね… (笑)
一緒に観たカレは笑いっぱなしだった。

邦題の「団塊ボーイズ」、これを見るとあんまりパッとしない
映画かなって気がしちゃうんだけど。

しかし、こういう映画を観ると私も日常を忘れた旅に出たくなる。
最近、椎名誠作品ばっかり読んでるのもあるかもしれない。
仕事とはいえ、いろんなところに行けてうらやましい。

あーあ、どこか遠くへ行きたいな~。

WILD HOGS 団塊ボーイズの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

September 16, 2007

ザ・ワイルド

Edge1997年の作品。
アンソニー・ホプキンス、
アレック・ボールドウィン主演。

A. ホプキンスが何歳の設定なのか
わからないけど、中年というよりは
初老の男が、いくら博学だからって、
長いこと山を歩き回ったり、熊に
追われて山を走ったり、さらには人食い熊をほぼ無傷で
倒したり…なんてことあるかい!とツッコミたくなった。

熊との格闘シーンはどうやって撮ったのか気になるけど、
やっぱりそれ以上に「ちょっと無理があるだろ」という感が
否めないな…

ザ・ワイルドのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

July 18, 2007

ワイルド・アット・ハート

Wildatheart1990年の作品。
ニコラス・ケイジ主演。

あんまりなァ…
私好みではなかったなァ…

カーラジオから流れるハードロックに
合わせて、荒野の真ん中の道路脇で
狂ったように踊り出すセイラーと
ルーラを見て、イヤなものを見た気分になった。

そして決め手はパンツ一丁 (しかもビキニっぽいやつ) の
N. ケイジ!完全に引いたわ。あれはいただけない。
見ちゃいけないものを見た気分。

あーーー思い出しただけでもゲンナリする (爆)

ワイルド・アット・ハートのあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

March 27, 2007

ワールド・トレード・センター

Wtcニコラス・ケイジ主演。
2001年9月11日の
世界貿易センタービルに
まつわる実話。

アメリカ万歳!な映画だろうと
最初から決めつけていたので、
N. ケイジが崩壊するビルで自分の
命を懸けて人命救助にガンバっちゃうんだろうな~。
ぐらいにしか思ってなかった。

だからちょっと意外な展開だったんだけど、でもやっぱり
美化しすぎてるような気がしないでもないんだな…
心にグッと来るシーンもあるにはあるけど、何だか
美しい部分ばっかり描いている感じ。

そして、自ら救助に赴いた海兵隊員が、この後、
志願してイラクへも赴いた…と最後に出たのを見て、
「やっぱりね…」とトドメを刺された。
それを美しい話として扱ってるところが、「アメリカ万歳」
「アメリカ軍万歳」みたいな啓蒙映画なんだわ。

家族愛、親子愛、夫婦愛、というの部分だけ見れば
とっても心に響く映画なんだけどね…

ワールド・トレード・センターの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

September 21, 2006

私は「うつ依存症」の女

Prozac_nationエリザベス・ワーツェルの
自伝の映画化。
タイトルどおり、うつ病に苦しむ
主人公リジーを描いている。

「うつ」と聞いてイメージするのは、
とにかく無気力。
何もせず何も考えず、ぼんやりと
日々を過ごす、とか、鬱々としてたと思ったら突然明るく
元気になってみたりの躁鬱を繰り返す、そういうのが
「うつ」だと思ってた。

でもこの映画のリジーはそのイメージとは全然違う。
彼女のこれは、情緒不安定とかではないの…?と
素人ながらに思ったけど。

まあこんな両親のもとで育ったら、心穏やかでは
いられないよなー。
自分の親がこんなふうじゃなくてよかった…

それにしてもすごいタイトルだよな、これ。

私は「うつ依存症」の女のあらすじ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 18, 2006

ワイルド・タウン

wildtownザ・ロック主演。

やっぱり、Be Cool のあのサモア人と
同一人物とは思えない…
(このサイトのバットを持った人がそう)

実話にインスパイアされて作られた映画。
あくまでもインスパイアされたものであって、
大筋は変えてないけど、細部はかなり
いじってある。

1973年にウォーキング・トールというタイトルですでに映画化されているけど、
これともストーリーがちょっと違う。

そんなに話が都合よく進むわけないだろ!って感じで、正直
言って話の展開の仕方はあんまり好きじゃなかった。
でもまぁ、ストーリーを楽しむためじゃなくて、ザ・ロックの
アクションを楽しむための映画だから、これでいいのか?
何も考えずにアクション映画として観るならば、まあまあよい。

ワイルド・タウンの公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|